■BBS - Bulletin Board System
掲示

ホーム > BBS > チョロQ小説板

雑談板 チョロQ小説板  

どうも、お久しぶりです。おすなのかたまりです。
スパムがひどいので、禁止語句を設定しました。
「http://」を禁止していますので、URL を記入する場合は「ttp://」とかにして下さい。
これでこのスパムがツールを使ったものかどうかよく分かると思います(笑
この掲示板は XREA.COM が生きてる限り多分あると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

以上、さくらがちる頃に。

  新規ツリースレッド一覧トピック番号順検索設定  
80 / 5244 ←次 | 前→


Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話
 松井一真  - 2009/10/6 22:01 -
  
オルキス艦隊との遭遇と、航空隊の出撃。航空隊出撃のほうが実質メイン。

第七十五話 放浪の殲滅者
さて、グリシネにおいては海軍のみならず空軍も艦隊を保有しているというのは前にも書いた
こういった傾向は他国にも見られ、たとえばニビリア共和国や日戦軍団においては哨戒や上陸支援のために陸軍が機動部隊を保有しているという例もある。ルナツー上陸戦などで成果を上げた日戦軍団陸軍第一機動部隊は、その後も対潜哨戒や揚陸支援で影ながらも重要な任務を担っている
しかし、グリシネ空軍艦隊の錬度は艦隊ごとにバラバラで、デヴォリアに退避している第二艦隊及び第八機動部隊を除いては低い傾向にある
この日出撃した空軍第六・第七艦隊は、その中でも最底辺に当たるのではないかといわれるほど錬度の低い艦隊である
数ヶ月前に編成したばかりで、殆ど演習も行っていない
乗員の大半は船に乗っている時間が短く、砲術士の大半がまともに火器を扱えないという有様
では空軍ならではの艦載機はといえば、これまた本土での最新鋭機の扱いになれていて、機銃によるドッグファイトは艦隊編成後数回行ったのみだという
第六艦隊司令、橋本少将は、この現状に溜息をついた
送り出した青柳中将も、どことなく表情が暗かった
橋本少将(車種:九七式中戦車)「青柳の奴、頭固いから何も言えなかったんだろうなぁ・・・」
「反逆車の鎮圧」と言う表向きなら、どの国々にも支援を要請することが出来たはずだ
勿論、反逆車の背後の情報が伝わっていなければ、である
事実、グリシネ海軍の「作戦」に関しては松井元帥と厚木准将の密談のみで成り立っているため、Qシュタイン連邦を始めとする国々は、この時のルナツーからの出航は「第一特務艦隊の支援を目的とした独断出航」と考えていた
橋本少将「理由はどうあれ、反逆車の鎮圧に向いた戦力ではないな・・・」
彼らの座乗する戦艦「おうみ」と、第七艦隊旗艦「あさひ」、そして「するが」、「よねやま」の四隻の戦艦は、性能においてはグリシネ海軍の艦艇に大きく勝り、大口径レーザー砲をも有している
だが、前述のように錬度においては大きく劣っている
何が「誇り高き空軍」だ。実質的に有名無実ではないか
二個艦隊は、勝てるはずのない戦に、臨もうとしていた

同時刻、資源惑星「フィフス・ルナ」
決起の直後から、グリシネの国旗を降ろした二個艦隊が、付近に停泊していた
既に日戦軍団の支援を受けて設営された前進基地において補給を行った後、周辺海域の哨戒活動に当たった
そのとき、電探に奇妙な影が映った
所属不明の艦隊のようだ
電探手「所属不明艦接近!数は二・・・四・・・七隻!」
横田大佐「・・・敵か?」
深谷中佐(副長。車種:九五式軽戦車増加装甲付)「いえ、外惑星でもグリシネ政府軍でもないようです。しかし・・・」
通信長「『紀伊』にデータ照合でも頼みますかね?」
横田大佐「・・・いや、その必要は無さそうだ」
遠方から、七隻の艦艇が近づいてくる
横田大佐「先頭の不明艦に発光信号。『こちらはグリシネ海軍第三巡洋艦隊所属、装甲巡洋艦「アナポリス」。貴艦の所属と艦名を問う』、以上」
見張り員「了解!」
装甲巡洋艦「アナポリス」から、発光信号が発せられる
数分後、所属不明艦からも応答があった
見張り員「所属不明艦から応答!『こちらはオルキス統合軍第七守備艦隊旗艦、戦艦「ホンゴウ」。事情について説明するので接舷されたし』、以上です!」
横田大佐「了解した。副長、聞こえたな?」
深谷中佐「はっ!オルキス艦に接舷いたします!」
近づいてみると、随分と美しいデザインの艦だ
流麗なフォルムに、青い船体。武装さえなければ一級の客船とも言えるだろう
だが、本当に驚いたのは、接舷してからのことだった

乗艦してみてまず驚いたのは、艦内の装備であった
艦内のあらゆる装備が高度に自動化されていたのだ
乗員の錬度に関しては分からないが、局地的な性能ならば「紀伊」をも上回るかもしれない
通された部屋に、指揮官らしきM2中戦車の姿があった
マクベイ中将(第七守備艦隊司令。車種:M2中戦車)「第七守備艦隊、司令のマクベイです」
横田大佐「装甲巡『アナポリス』艦長の横田です」
挨拶を交わした後、横田大佐は着席、事情を聞くこととなった
マクベイ中将「我々オルキスの、本星が陥落したことは、ご存知ですね?」
深谷中佐「はい、折しも我々キュワール連合軍は、パレンバン防衛作戦に失敗し撤退に切り替え、前線部隊が散り散りになっています」
マクベイ中将「我々も、殆ど同じです。各部隊が散り散りに遊撃戦を行っています」
聞けば、本星陥落後、オルキス軍の残存勢力は、この艦隊のように中規模艦隊数個に分けられて遊撃戦を展開しているという
当初予定していた派遣艦隊構想も、完全に頓挫。その戦力の一部がこうしてここまで流れてきたのだ
遊撃戦において彼らは大日本帝国軍を始めとする外惑星軍とたびたび小規模な戦闘を展開、輸送船団強襲などである程度の戦果を挙げていた
しかし、遂に弾薬尽き、食料、燃料も僅か。拠点となる惑星を保有できた艦隊はほんの僅かで、大半がこの第七守備艦隊のようになっているという
マクベイ中将「内惑星連合軍もこのたびの戦況悪化で散り散りとなっています。この周辺に補給の余裕のある港は無いでしょうか」
深谷中佐「・・・実は我々も、似たような境遇となっています。我々は本国に反旗を翻した叛乱軍です」
マクベイ中将は当惑した。外惑星側に寝返った部隊と接触したと思ったからだ
横田大佐「ご安心下さい。我々は内惑星軍の一員です。政府側の撤退命令に叛いて現場に残っているだけです」
そして、横田大佐は現在のグリシネの状況を説明した
マクベイ中将「・・・グリシネの政治体制がどうも不安定だと聞いていましたが、そういうことでしたか」
横田大佐「そういう状況なので、我々の拠点も非公式に設営された物です。弾薬・食料等の補給は最低限の物となります」
マクベイ中将「いえ、最低限の物でも構いません。とにかく補給ができれば」
横田大佐「それでは、我々の艦が先導します」
そう言って、横田大佐以下幹部は退室、「アナポリス」へと戻った

ベータ基地、第二滑走路
多数の陸上攻撃機が、駐機場から滑走路へと移動していた
日戦軍団航空兵A「隊長。松井元帥からの電文です」
そう言って、飛行隊員は隊長に一枚の紙を渡した
飛行隊長はそれを読み始めた
「発 日戦軍団総司令部 宛 飛行第361戦隊 所定の計画どおり、グリシネ空軍艦隊を攻撃する。仇討ちどころか同族を討つ結果となってしまったが止むを得ない。極力無益な犠牲は避けるように。敵機も極力落とすな。以上」
日戦軍団航空兵B「撃ち落すな、ってことですか?」
日戦軍団航空兵A「久々の出撃だってのに、無茶言いますよ、総司令も」
飛行隊副隊長「・・・しょうがないだろ。相手が相手なんだ。総司令は昔、自分がそこにいたせいで多くのグリシネ空軍パイロットを死なせてる」
日戦軍団航空兵A「・・・どういうことですか?」
飛行隊副隊長「空軍の式典に総司令が呼ばれてね。受ける気は無かったんだが、特別断る理由も無かったから行ったんだ。だが・・・」
日戦軍団航空兵B「・・・だが?」
飛行隊副隊長「・・・テロに巻き込まれて、多くのチョロQが死んだ」
日戦軍団航空兵A「・・・目的は、やっぱり・・・?」
副隊長は、無言を答えにした
飛行隊副隊長「・・・だから総司令は、グリシネ空軍の上層部には恨みがあっても、現場には負い目があるんだ」
その言葉を聞き、隊員たちは暗い表情となった
飛行隊副隊長「まぁ、相手は恐らく新兵以下だ。適当にあしらってやればなんとかなる。気楽にやれ」
そう言って、副隊長は機体へと飛び乗った
一方、滑走路に待機する陸上攻撃機には、海軍の飛行兵たちの姿があった
爆撃手「目標は空軍の戦艦部隊。軽く吹き飛ばしてやりましょうや」
副操縦士「しかし、残ってるんですかねぇ?案外、グリシネ海軍が全部やっつけてるかもしれませんよ」
戦闘機乗りたちとは対照的に、陸上攻撃機を駆る彼らの表情は明るい
元グリシネ海軍の飛行兵が多数を占める日戦軍団海軍は、グリシネ空軍を敵視していた
そこに、直接攻撃の許可が下りたのだ
柴田少佐(車種:九五式軽戦車)「いくら錬度が低いとはいえ、最新鋭の戦艦だ。そう簡単にやられるはずが無い。止めは、俺達が刺す」
機長である第762航空隊隊長、柴田少佐が、計器を調べながら言う
管制官(通信)「離陸を許可する!」
無線機から管制官の声が響く
柴田少佐「了解、出撃する!」
そう言って、柴田少佐は機体を加速させた
プロペラの回転が強まり、機体は一気に速度を上げる
一機の九六式陸攻が、高度を上げていく
それに続いて、多数の陸上攻撃機が離陸していった
第七十五話 続く

引用なし
パスワード
954 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; YTB720)@ntaich252142.aich.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp>

宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 21:55
  Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 21:56
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 21:59
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 22:01
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 22:01
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 22:03
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 22:04
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 22:06
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 松井一真 2009/10/6 22:07
   宇宙戦艦紀伊 第七十五話 あとがき 松井一真 2009/10/6 22:14
   宇宙戦艦紀伊 第七十五話 あとがき その2 松井一真 2009/10/6 22:16
   宇宙戦艦紀伊 第七十五話 あとがき その3 松井一真 2009/10/6 22:18
    Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 あとがき 総括 ダークスピリッツ 2009/10/7 19:12
    Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 あとがき 総括 松井一真 2009/10/10 11:00
   Re:宇宙戦艦紀伊 第七十五話 あとがき ダークスピリッツ 2009/10/7 18:50

  新規ツリースレッド一覧トピック番号順検索設定  
80 / 5244 ←次 | 前→
ページ:  |  記事番号:
48,587
(SS)C-BOARD v3.3.10 is Free.

んー、スパムとか面倒なんで勘弁。


"Tamashii no Katamari" is created...