■BBS - Bulletin Board System
掲示

ホーム > BBS > チョロQ小説板

雑談板 チョロQ小説板  

どうも、お久しぶりです。おすなのかたまりです。
スパムがひどいので、禁止語句を設定しました。
「http://」を禁止していますので、URL を記入する場合は「ttp://」とかにして下さい。
これでこのスパムがツールを使ったものかどうかよく分かると思います(笑
この掲示板は XREA.COM が生きてる限り多分あると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

以上、さくらがちる頃に。

  新規ツリースレッド一覧トピック番号順検索設定  
6 / 523 ツリー ←次 | 前→

宇宙戦艦紀伊外伝 デヴォリアに八地あり 松井一真 2015/1/2 23:20
  Re:宇宙戦艦紀伊外伝 デヴォリアに八地あり 松井一真 2015/1/2 23:21
   デヴォリアに八地あり あとがき 松井一真 2015/1/2 23:32


宇宙戦艦紀伊外伝 デヴォリアに八地あり
 松井一真  - 2015/1/2 23:20 -
  
まさかの5年のブランク。

宇宙戦艦紀伊 外伝 デヴォリアに八地あり
ヴァイナー連邦軍の宇宙要塞“デヴォリア”
この星系の片隅で巻き起こった大戦に、さまざまな思惑が介入した結果誕生した要塞である
内惑星領域への勢力圏進出を図る外惑星連合と、それを阻止せんとする内惑星連合。このうち内惑星連合がキュワールを内惑星防衛の防波堤にせんとしたため、外惑星方面の防備強化が必要となった
従来キュワールは外惑星方面には哨戒基地のセイロンしか配置していなかったのである
直径5km前後の小惑星に建造された要塞都市には、強力な武装と艦隊が備わっている
同基地の設立に当たって、キュワール連合各国はデヴォリアに多数の艦隊を派遣。日戦軍団も艦隊を派遣することとなっていた
しかし、元来独立自治政府である日戦軍団は、八個艦隊・八個支援艦隊(機動艦隊・特務艦隊ほか)による「八八艦隊計画」の構想に無いデヴォリア方面艦隊を新規に編成することは困難であった
そこで、主力艦隊の一部戦力をデヴォリア方面に分派させることとなった
こうして誕生したのが“地方艦隊”である
このデヴォリアに位置する地方艦隊は六個あるが、その中で最大級の戦力がこの第八地方艦隊である
正式には「第二艦隊第八水雷戦隊」。再編直後の第二艦隊の戦力の一部を分派させたものであり、元々はパレンバンに駐留していた軽巡洋艦「龍田」を初めとする初代第二艦隊の戦力である
戦力は「龍田」のほかは駆逐艦一三隻。日戦軍団では珍しく駆逐艦が奇数となっているが、これはベータ沖の艦隊戦で壊滅した第二六駆逐隊の戦力を合流させているためである
司令官・加来進大佐は主要艦隊戦にこそ参加していないものの、大戦初期から対潜宙艦・哨戒艦隊戦闘に参加していたベテランである
参謀「司令、聞きました?我が軍のJT18船団が壊滅したという話」
加来大佐(車種:四式中戦車)「ああ、聞いたよ。ナントカドライブという機関で動く最新鋭戦艦にやられたらしいな」
山辺少佐(車種:八九式中戦車)「まあ、油断していたんでしょうね。直前に潜宙艦隊までやられたというのに、小規模な艦隊で護衛していたというのですから」
「龍田」艦長の山辺少佐は、戦隊編成以来の戦友である
どこか飄々としており、誰に対しても敬語で話している
話題になったのはデヴォリア設営前後、日戦軍団のJT−18船団が、突如敵の襲撃を受け全滅したという一件である
このとき連合軍はただの一隻も敵艦を沈めることが出来なかった
日戦軍団は船団司令官セラム大佐を後方部隊へと転属させ、Qシュタイン連邦も護衛艦隊司令官グローゼ中佐をパレンバン司令部付としている
山辺少佐「こちらは海防艦が十一隻に軽巡洋艦が一隻。相手は戦艦二隻を初めとした大艦隊。勝てる道理はありません」
直前には我らが日戦軍団の潜宙艦隊が、最新鋭潜宙艦に撃沈されている。このときもキュワール最強を誇った日戦軍団潜宙艦隊が、一切の抵抗もままならず撃滅されている
それでもJT−18船団の護衛は、海防艦(Qシュタイン連邦での呼称は“艦隊護衛艦”)十一隻と軽巡洋艦一隻という、旧来からの護衛体制であった
そして襲撃されたのは先に潜宙艦隊が壊滅したのと全く同じ宙域だったのである
参謀「しかし、突然の奇襲攻撃だったと聞いているが」
山辺少佐「最初に攻撃を加えたのは、例の潜水艦だったはずです。それにあの“特務”が問題なんですよ」
参謀「・・・“特務”?」
砲術長「ああ、第一特務艦隊のことか。確かあの時、晩餐会やってたって聞いたぞ」
当時、第一特務艦隊司令部においては旗艦「紀伊」で晩餐会が開かれていた
総司令官・松井元帥もそれに参加していたため報告が届くのが遅れていたというのだ
航海長「やれやれ、戦況は逼迫しているのに晩餐会で浮かれているとは。上層部はいいご身分ですね」
加来大佐「おいおい航海長、言葉が過ぎるぞ」
航海長の皮肉に、加来が釘を刺す
現在第八地方艦隊は、同じくデヴォリアに駐留する第一〇地方艦隊とともに哨戒任務に就いている
外惑星方面に睨みを利かせるには不足しているが、我々の相手になるのは基本的に敵の斥候だ
そのためこの戦隊は、主に機動性に優れた艦で構成されている
小柄だが機動性に優れる「龍田」はもちろん、連合軍ではトップクラスの最大速力を誇る峯風型駆逐艦が五隻、その改良型たる神風型駆逐艦が四隻所属している
第一〇地方艦隊も同様で、峯風型駆逐艦を中心とした第一〇駆逐隊、峯風型駆逐艦と呉竹型駆逐艦で構成された第三一駆逐隊、そして呉竹型駆逐艦で構成された第六五駆逐隊の三戦隊により構成されている
いずれも元来は第三艦隊の所属であり、船団護衛のためセイロンに寄航していたところを地方艦隊に編入された経緯がある
通信長「定時報告を行います。こちら第八地方艦隊旗艦『龍田』、現在デヴォリア宙域に異常なし」
ヴァイナー通信士(通信)「了解了解。そのまま哨戒活動を続行してください」
通信の相手はデヴォリアの司令部だ。大都市アハト・ラントシャフトを初め各地に大被害をもたらした帝国同盟軍の襲撃後も、なおも多数の艦隊を前線に展開するヴァイナー連邦軍。その指揮下に存在する
あの大陸三国は不思議な国で、いつもは三国揃って共同戦線を展開するというのに、今大戦に限ってクリーク王国が中立宣言を発したのだ
どうやら例のナントカドライブ戦艦の技術を研究しているらしいという噂もあるが・・・
そのとき、広域電探に謎の反応を探知した
電測員「電探に感あり!複数隻、移動速度から考えるに輸送船とは思えません!」
よりによって“異常無し”との通信後か
山辺少佐「参ったなぁ。通信やり直さなくちゃいけないなぁ」
加来大佐「全艦我に続け!所属不明艦に接近する!」
旋回する「龍田」。後続の駆逐艦も続いて旋回する
この間は敵艦だと思って近づいたら内惑星連合の艦艇だった
今度はどこの星の連中だろうか
広域電探の光点は徐々にこちらに近づいてくる
そして通常電探の範囲内にも掛かるようになってきた
電測員「数は一六・・・四隻は反応の大きさから巡洋艦と思われます」
山辺少佐「数が我々より多いですね。味方だと心強いのですが」
こちらは巡洋艦一と駆逐艦一三。うち四隻は火力に劣る呉竹型。本来なら対潜哨戒に使われるような艦だ
所属不明艦が仮に敵艦だとしたら厄介だ
前方に艦影が見えてきた
通信長「所属不明艦に発光信号。『こちら日戦軍団第八地方艦隊、軽巡洋艦『龍田』。貴艦隊の所属ならびに航行目的を問う。貴艦隊は我々キュワール連合宙域に侵入しつつある』」
艦橋の探照灯がリズミカルに点滅する
先頭を行く所属不明艦は重巡洋艦と思われる。大型の連装砲塔が確認できるだけでも四基。手ごわそうな相手だ
それに続く艦も同型と見られる
さらに後方を進むのはやや小柄で、主砲塔の基数も少ない。軽巡洋艦と見るのが妥当であろう
国籍表示などは見受けられない。どこと無く内惑星連合の艦艇にも似ている
すると、先頭の艦影が砲塔を旋回し始めた
山辺少佐「面舵一杯、両舷前進強速!」
急旋回する「龍田」
後続の駆逐艦もそれに続く
敵の先頭艦が発砲する
光弾はこちらの駆逐艦を掠めるように飛んでいった
加来大佐「全艦、状況報告!」
各艦から状況が報告される
先の攻撃での被害はないようだ
参謀「だまし討ちかよ・・・!」
砲術長「戦時とはいえ、なんて卑怯な!」
こちらの通信が終わらないうちから、敵は攻撃を仕掛けてきた
もちろんこちらからの呼びかけへの応答はない
加来大佐「・・・山辺、どうする?」
山辺少佐「決まってるじゃないですか・・・こんな卑怯な手を使う連中を・・・殲滅するまでです!」
その言葉を合図に、艦内にサイレンが鳴り響いた
副長「総員、戦闘配置に付け!」
急旋回する各艦
通信長「こちらは第八地方艦隊!デヴォリア宙域に国籍不明の艦船を発見!攻撃してきた!」
ヴァイナー通信士(通信)「了解!」
通信長はデヴォリア基地へ敵艦隊接近との報せを打つ
しかし援軍が来るかはわからないのが現状だ。我々だけで対処しなければならない
敵艦からの砲撃は止まない
敵は見たところ重巡・軽巡が各二、駆逐艦一二。重巡二と駆逐艦四を中心にした本隊のほか、軽巡一と駆逐艦四からなる二戦隊で構成されている
そのうち軽巡を中心にした二戦隊がこちらに向かってきた
遠距離攻撃に失敗した重巡は後方へ引き下がる
加来大佐「『菖蒲』、『杜若』、『躑躅』、『紫陽』は本艦に続け!敵を各個撃破する!」
四隻の呉竹型駆逐艦を従えて、「龍田」は敵戦隊へ向かう
加来大佐「『清風』以下八艦は分離、敵艦隊をひきつけろ!」
八隻の駆逐艦が隊列を離れていく
機動性に優れ、かつ強力な魚雷を搭載する峯風型・神風型八隻ならば、敵艦隊の砲撃は当たらない
初期の艦隊戦を多数潜り抜けてきた猛者・第八地方艦隊ならなおさらである
二つに分かれた艦隊を、敵艦隊は二分して追う
駆逐艦隊には軽巡一と駆逐艦六、本隊にはそれに重巡一を加えており、旗艦らしき重巡洋艦はそのまま待機している
あくまで慎重策か、はたまたこちらの戦力を甘く見積もったか
どちらにしてもこちらの読み通りだ
電測員「敵艦、魚雷発射!」
水雷長「遠いな・・・誘導魚雷か?」
先頭の敵重巡洋艦が魚雷を放つ
後続の艦艇もそれに続く
山辺少佐「左舷機関停止、取り舵一杯!」
急旋回し、敵魚雷を回避しようとする
しかし、魚雷は航跡を変えて向かってくる
山辺少佐「両舷前進強速!」
再び急発進し、重巡が放った第一射をかわす
第一射はこちらを追おうとするが、鋭く旋回した「龍田」に追いつくことはできなかった
後続の四艦も同様に回避したようだ
続く
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0@210-1-146-35.catv.tees.ne.jp>


Re:宇宙戦艦紀伊外伝 デヴォリアに八地あり
 松井一真  - 2015/1/2 23:21 -
  
後半。若干決着を急ぎ過ぎたかも。

宇宙戦艦紀伊 外伝 デヴォリアに八地あり
水雷長「見事なまでの長槍か・・・アレ、行きますか」
山辺少佐「囮魚雷発射準備!」
艦尾側にある第二発射機には、囮魚雷が装填されている
熱源を放ち、敵の魚雷を撹乱するようになっている
水雷士(通信)「発射準備よし!」
山辺少佐「敵の第二射が発射され次第、本艦隊の進行方向に向けて撃て!」
敵艦隊はこちらに向かい前進する
距離を詰めて第二射を撃つらしい
牽制のためか砲撃を再開する敵艦
光線のひとつが「龍田」を掠める
山辺少佐「被害報告!」
副長「左舷に被弾するも損傷軽微!」
敵艦はなおも前進してくる
山辺少佐「ひきつけろ!」
そしてついに敵艦から第二射が放たれた
山辺少佐「よし、囮魚雷発射!」
水雷長「てーっ!」
第二発射管から囮魚雷が放たれる
それはまっすぐ艦隊の前方に向かっていった
山辺少佐「よし、右舷機関停止、面舵一杯!」
魚雷と並行していた艦隊は、一旦敵艦隊に背を向ける
そのころ別働隊が敵艦隊と交戦を開始した
敵艦隊は突撃してくる駆逐艦に対し、一斉に魚雷を叩き込んだ
しかし我らが駆逐艦は各艦ごとにバラバラに急旋回し、魚雷を回避した
そして敵艦隊の中央に飛び込み、魚雷を撃ち込んだのである
爆発、炎上する敵軽巡洋艦
航海長「練度の低い相手で助かったな・・・」
別働隊と残存駆逐艦の間では主砲の撃ち合いが始まっており、物量で勝る我が方が優位に立っている
もっとも何隻かは砲撃を受け損傷を負っているようだった
加来大佐「被弾した艦は後退、応急修理に務めろ!」
まだ敵本隊の動きは見られない
あくまで様子見といったところだろうか
しかしこれで動かざるを得なくなるはずだ
山辺少佐「両舷前進強速!突っ込め!」
急速前進し、敵重巡洋艦に突っ込む
参謀「正気か!?」
加来大佐「相手に魚雷をかわされないようにするには、至近距離まで一気に突っ込むしかない!」
慌てふためいたように重巡の砲塔が旋回し、こちらに砲撃を仕掛ける
山辺少佐「両舷停止、取り舵一杯!」
副長「取り舵一杯!」
つんのめるように急旋回する「龍田」
山辺少佐「魚雷発射準備!目標右舷前方の敵重巡洋艦!」
加来大佐「『菖蒲』以下四艦は後続艦を攻撃!」
無傷の右舷を晒しながら、魚雷発射管を旋回する
それに呼応するように、後続の駆逐艦四隻が「龍田」をかわして敵艦隊に飛び込む
山辺少佐「魚雷発射!」
水雷長「てーっ!」
敵の砲撃が右舷に命中するが、雷撃に支障なし
四本の魚雷が敵重巡洋艦の横っ腹に叩き込まれる
続いて全速力で敵艦隊に突入した四隻の駆逐艦が、すれ違いざまに一斉に魚雷を叩き込んだ
山辺少佐「両舷前進強速!」
後続の敵軽巡洋艦も、魚雷を受け損傷している
続けざまに主砲の砲撃を受け、敵軽巡洋艦の砲塔が吹き飛ぶ
爆発、炎上する敵軽巡洋艦
想定外の動きに対処できなかったのか、敵駆逐艦もほとんど反撃できないまま砲撃を受け沈黙した
そのとき、残っていた敵重巡洋艦が反撃を開始した
急旋回で回避するが、間に合わない
右舷に被弾する「龍田」
副長「右舷大破!」
バランスを崩し、一瞬船体が傾く
山辺少佐「取り舵一杯!」
未だ損傷の少ない左舷を敵側に向け、少なくとも沈没を防ぐ
主砲塔が旋回し、敵艦を攻撃する
被弾するも、なおも前進する敵重巡洋艦
山辺少佐「衝撃に備えろ!」
そのとき、敵重巡洋艦が爆発した
反転した駆逐艦が、敵重巡洋艦を仕留めたようだ
山辺少佐「奴さん、手間を取らせてくれたな・・・」
加来大佐「敵の残りは・・・」
こちらは駆逐艦の半数近くが少なくない損傷を負っている
敵はほとんどが撃沈されたものの、なおも旗艦とおぼしき重巡洋艦は無傷である
このまま向かってくるならば我が方の全滅は免れない
しかし、敵艦隊は反転、離脱していく
電測員「敵艦隊、離脱して行きます」
加来大佐「どういうことだ?あと一息でひねり潰せるだろうに・・・」
そのとき、艦隊の直上を機影が飛び去っていった
友軍の航空隊のようであった
どうやら先ほどの連絡を受けて飛来したようだった
山辺少佐「友軍に助けられましたね・・・」
撤退する敵艦隊を、友軍の航空隊が追撃する
加来大佐「よし、ここは友軍に任せて離脱する!」
別働隊を合流させ、帰還の途につく第八地方艦隊
山辺少佐「・・・しっかし手ひどくやられましたね。しばらく哨戒への参加は無理そうですね」
加来大佐「デヴォリアにいるのは我々だけではない。そこまでの問題ではないよ。そんなことより・・・」
山辺少佐「・・・司令?」
加来大佐「敵の旗艦が戦艦だったら、どうしてた?」
先ほどの哨戒中に話した一件の延長である
想定以上の戦闘能力を持ちうる敵艦隊と交戦した場合は・・・
山辺少佐「・・・できるなら一撃離脱。それに限りますかね」
この戦闘で第八地方艦隊は巡洋艦一、駆逐艦六が大破するが、一隻の損失もなく敵艦隊を壊滅せしめた
この戦果が後に、キュワール連合軍内において“デヴォリアに八地あり”と讃えられるきっかけとなったのである
終わり
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0@210-1-146-35.catv.tees.ne.jp>


デヴォリアに八地あり あとがき
 松井一真  - 2015/1/2 23:32 -
  
あとがき:直前まで書いていた「青き名将」がほとんど進まない結果、いつのまにかこっちが先にできていました。
5年のブランクの間にここもすっかりスパムに埋まってしまったので、状況打破のために早く完成させようと若干後半は急ぎました。どの道ダークスピリッツさんも戻ってくる見込み薄いですけど。
キュワールシリーズで宇宙モノを!と意気込んだものの、いろいろとグダグダになってしまった「宇宙戦艦紀伊」。
どうも自分とダークスピリッツさんの間で書きたいものの齟齬があるらしく、それがグダグダの原因になっていたと判断。とりあえず自分で書きたいものは「外伝」で書こうと思ったら、なぜかダークスピリッツさんもメカ設定などの項で「こういったエピソードを外伝でお願いします」とまったく違うものを要望してきたり。長距離爆撃行だけで短編小説書けって結構無理があるよ。

今回題材にした「地方艦隊」。もともとの「紀伊」では第七十二話で唐突に出てきたワードで、どういう設定にするかまるで考えていなかったのですが、せっかくの復帰作なので「地方艦隊」の解説みたいなエピソードにしようと。実は「紀伊」の休止以前は考えてなかったエピソードです。あとは中小艦艇の活躍を描きたかった。
高速艦による奇襲戦法で一席の被害もなく勝利。多分昔の自分では書かなかったエピソードです。

とりあえずは復帰第一作。「紀伊」の本編は一から書き直したいなぁ。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0@210-1-146-35.catv.tees.ne.jp>

  新規ツリースレッド一覧トピック番号順検索設定  
6 / 523 ツリー ←次 | 前→
ページ:  |  記事番号:
48,586
(SS)C-BOARD v3.3.10 is Free.

んー、スパムとか面倒なんで勘弁。


"Tamashii no Katamari" is created...